Home > むらなかブログ | 私(感・観・事)・理念 > 二度目の落選…

二度目の落選…

支援者の皆さまへ
このたびは本当に多くの皆さんのご協力・ご尽力をいただいたにも関わらず、お応えできない結果となり、言葉も見つからないぐらい、心からのお詫びを申し上げます。今回も私の力が及ばず、皆さまの民意を託していただくには至りませんでした。
とても厳しい状況にありながら、普段の日常をおしてでも事務所に詰めて頂き、ともに助け合いながら選挙戦をたたかっていただいた、若竹町連合町内会をはじめ熊野校下、または細入・大沢野地域及び、地域を選ばない同志の方々、人目を憚ることなく快く司会や応援弁士を受けていただいた諸先輩、皆さんの意思に報い得ることができず、本当に不甲斐なく思っています。
「皆さんが額に汗してつくった税金や年金・国民皆保険、公共料金が生活現場・仕事現場や教育現場、地域社会で目に見えるように実感できるような富山市へ」、政治の道を志してから私はいつも呪文のように、この言葉を自らのキャッチフレーズとしてきました。
今後とも富山市民のため、この試練を糧に「その地域らしさを取り戻す」運動に精進して参ります。これからも変わらぬ、ご指導・ご鞭撻の程よろしくお願いいたします。

先ずは遠回りかも知れませんが、「里山資本主義」完遂と旧飛騨街道(西街道、東街道~大久保道・布市道・笹津道≒現ノーベル街道)観光化のためのNPO法人と、バリアフリー楽団と就労支援充実のためのNPO法人の立ち上げに邁進いたします。

Home > むらなかブログ | 私(感・観・事)・理念 > 二度目の落選…

メタ情報

ページトップへ