Home > 地域イヴェントほか | 見た感じた考えた | 講演・セミナー > 郷土愛溢れる地域の実現

郷土愛溢れる地域の実現

 はや2週間ほど経ちますが、9月23日の不動産の日に北川正恭さんが、宅建協会富山&新川支部(一般の方々も入場可)の方々を前に講演をされ、私も聞いてきたので皆さんにキーワードの羅列ではありますが、ご報告させていただきます。
 ①昨日を否定して、明日を始めなければならない ②産業革命をベースにⅰ廃藩置県ⅱ戦後ⅲ現在と歩んできた ③明治維新は1868年、官営の富岡製糸工場は当時の世界一の規模、明治22年の明治憲法制定は黒船来航から約40年 ④戦後の吉田内閣(軽軍備・重経済)から15年後に日米安全保障条約の改定
 ⑤1985年のプラザ合意から既に改革期に入っていた ⑥2005年からの人口減少時代の到来(富の分配⇒不利益・負担の分配へ) ⑦2割の人口が減ると生産人口(19~64歳)の3割が貧乏になる ⑧徳島県の上勝町の横石さん革命、葉っぱビジネス(高知県馬路村&徳島県上勝町)の80%は上勝町が値段を決めている ⑨一休(一Q)運動 ⑩ゴミの34分別が8割のゴミを減らす(笠松町長のゴミ0運動) ⑪2千人の街に年間4千人の行政視察 ⑫ドミナントロジックを打破することが、地域主権時代の「地方の成長」に繋がる ⑬改革は体制の強化、革命は立ち位置の入れ替え ⑭例えば日本には、700万戸の中古住宅というお宝がある

Home > 地域イヴェントほか | 見た感じた考えた | 講演・セミナー > 郷土愛溢れる地域の実現

メタ情報

ページトップへ