Home > NPO関連 | 会った語った | 地域イヴェントほか | 私(感・観・事)・理念 | 講演・セミナー > 連休から今日に至るまで

連休から今日に至るまで

 連休中は新年以来回りきれなかった所の地域回りで明け暮れました。本村地域は田植えの時期で、ほぼ誰かしらいらっしゃる。また最終日は、仕事始めの前日で在宅率の高い新興住宅地を回りました。
 そんな中、最終日の早朝に村井代議士による100人モーニングセミナーが「動き出した災害列島の真相と対策」というタイトルでありました。前提は「地震予想学者にも派閥があって、それが地理学・歴史学・統計学(数学)・物理学という学問で大まかに別れる」ということを前置きに、対策面では①地震計を海中に数十ヶ所設置(既に予算化の「海底予想システム」)し、いち早く「逃げる」体制を整えることと、②堤防も波打ち際の高さだけではなく、沖に設置する島型(「寄せる波」と「退く波」が相殺される)堤防によって、物理的に津波の規模を縮小する対策が披露された。
 7日はNPOの法人化に向けての重要理事予定者からサインを頂き、翌日と翌々日は事務所の書類の棚卸と整理。
 翌金曜日は会派事務所で昨日に行われた「都市計画審議会」の事前説明のヒアリングを受ける。
 12日(土)は連合町内会の住民で組織された若竹パークゴルフ・グリーン会の親睦パークゴルフを黒部大島パーク場で行い、夕刻からは明日のモーニングセミナーの講話の*レジュメ(というかメモ)と資料をつくり備えた。
 13日の週は予告通りのモーニングセミナーの講話から始まり、町内に戻って春季祭礼。
 14日(月)には名古屋へ向いセミナーを受け、翌々日は大阪のセミナーへと渡った(後日報告)。
 17日(木)地域(広域)衛生組合議会議員として臨時会(上市役場議場)に出向き(主な議案は「中部衛生センターの改良工事」について)、その足で「汚泥再生処理センター」建設工事の安全祈願祭に出席。
 夜は地元の教育振興会(熊野小)に出席。
 昨日は都市計画審議会での主な議案である「大沢野都市計画道路(一部・旧富山市)の見直し」について出席。その後30分ほどNPO「夢の大学」の理事会で今後について議論。
 夕方からNPO「全国元気まちづくり機構」の6月2日(土)の総会に向けての富山地区における議論を泊まり込み(氷見)で行い今日に至ります。

 *前述のレジュメ⇒ ①私のライフワークにはⅰ街頭演説ⅱ個別訪問ⅲブログのアップというものがある。 ②最近はフェイスブックも始める。 ③このSNS、主にブログをアップし続けることによって、私が考える方向に世の中が実現・進んでいているような効果が表れてきているので、その辺りの分析を中盤に、最後に結論へと話をもって行けられれば!と思っている。 ④その前に私の経歴と立ち位置をお話しさせていただき、どんなことを書き続けているのかを紹介したいと思います。 ⑤私と石井紘基さん。 ⑥官僚社会主義国「日本」(官僚と特殊法人・独立行政法人~公益法人~ファミリー企業、特別会計~官僚の天下り・再就職指定席の関係)
 ⑦政権交代で、政治主導が確立されれば、関係は変わった筈でした。 ⑧ポリティカル・アポイントメント(アポインティ)英国例。 ⑨そんな最中、3年と1ヶ月前の選挙で当選させていただきました。 ⑩スローガンは「子どもにツケをまわさない」です。ⅰ前・我孫子市長(福嶋氏)とⅱ市川市で始まった市税の1%を市民が選ぶNPO等への補助金となる(民間移譲)*キーワードは市民自治。 ⑪私の政策面でのライフワークは、持続可能なエネルギー(特に小水力)と都市。 ⑫環境未来都市「富山」選定での今後のビジネスチャンス! ⑬アクセス総数とユーザー数 ⑭ユーザーの性格(市役所からのアクセスが多い) ⑮議会が率先して仕分けをしなければならない!と感じています。 ⑯その礎となれるよう皆さんと一緒にシェアできるようにして行かられれば~と思っています。

Home > NPO関連 | 会った語った | 地域イヴェントほか | 私(感・観・事)・理念 | 講演・セミナー > 連休から今日に至るまで

メタ情報

ページトップへ