Home > むらなかブログ > 会った語った

会った語った

昨日「村中たかゆき後援会りんじ事務所開き」がありました

10年前にこの地に立って
① 熊野校下に新興住宅地が1200件ほどあるこの地にスーパーマーケットがなかったこと
② 地域公共交通と、お出かけ定期券が市民病院と星井町以北でないと100円で行けない
③ 熊野幼稚園の廃止問題☞跡地は新設部分が耐震構造☞市が中学校単位で児童館という話もあった(5年前)
8年前に議員になって
① 通学路の確保
ⅰ歩道の除雪
ⅱ橋の欄干のメンテナンス
ⅲ興南中学への通学路の確保(土川の橋上の融雪装置):協力(興南中学校のPTAと5丁目の融雪組合)
② 子育て支援で保育所の増設等を市政報告会の開催を通して意見徴収☞議会で数度訴えて、幼保の一体化(認定こども園の許可がおり増設)
③ 私道を市に寄付☞市道のアスファルト化で除雪を行政で(上栄と森田他で)
④ 用水の中島化(1丁目)を解消
⑤ ゲリラ豪雨&洪水対策(用水は市の管理だが、使っているのは農家においての稲作、住宅地においての雨水用水と側溝)☞休耕地や耕作放棄地、転作の奨励で用水の水門管理が従来通りにならなくなった☞市に用水マップの作成と管理の依頼☞5丁目の側溝回収に側面から支援させていただきました
やり残した課題
① 田んぼの法面や側溝の除草対策(マンパワーが足りなくなっている)☞NPOの活用
② 公共交通の推進
③ 市街化調整区域によるスーパーの新設☞富南会館の新設の際に市街化調整区域の見直しがあって、青地を白地に変えた☞次回の市街化調整区域の策定(5年間)に期待!
④ 4月から要介護支援1&2の厚労省から市への助成がなくなる☞新たなる支援策を市町村の自治体が独自に策定中4月から新しいスキームができるが、「みんなの家」(若竹、岩瀬)が先駆けで、運用面で地域に使い勝手が良いものにしたい☞それを各地に全面展開したい
⑤ 何卒、私を市政壇上へと上げていただくためにも、これからも皆さんと相談させていただきながら、「子育て支援」や「高齢者対策支援」等、若いお母さんたちの働く時間と場を確保等して地域経済の更にの活性化、皆さんと相談しながら「地域コミュニティ」の発展に尽くして行ければと考えておりますので、後援会活動ならびに選挙において、ご支援・ご協力のほど宜しくお願い致します。
里山資本主義
① 旧細入・大沢野地域はこの地とノーベル街道、旧飛騨街道として繋がっている地域です。
② かつての資源の宝庫であった「里山」は、過疎化が進み荒れ放題になりつつあります。
③人口減少化時代、労働生産人口激減の時代に合って、観光は日本経済の伸び代と言われています。
④ 里山とここ田園住宅地、中心市街地を繋ぐ、村中隆之の出身地を代表して、彼を大いに使ってやって欲しいと思います。

今日で選挙結果が判明してから2ヶ月が経ちました

富山市議会議員も前職(正確には身分保障もなく職業ではない)となり、民主党を離党し(同時に党員およびサポーター集めや登録活動も止めました)、今は私の政治的目標でもある民間行政の確立に向って助走中ですが、都議選は同志でもある世田谷の前都議会議員「花輪智史」(日本維新の会)さんの応援に来週は向かいます。参院選は微力ながら、私の選挙でも後援会として推薦をいただいた、全国区の参議院議員「広野ただし」(生活の党)を応援させていただきます。
何れにせよ、この辺りで整理をしたいので、9日に引き続いて、出席行事等を列記させていただきます。
4月7日(日)必勝祈祷~出陣式~若竹町連合町内会・定時総会
4月8日(月)興南中学入学式(今年から3クラスから4クラスとなった)
4月14日(日)開票(次点)
4月18日(木)若竹町連合公園愛護会「観桜会」(雨のためちょっとだけで中止)
4月20日(土)興南中学・教職員合同歓送迎会
4月21日(日)富山市中央倫理法人会・経営者モーニングセミナー(この日から非会員)~熊野小学校教職員歓送迎会
4月22日(月)民主党富山常任幹事会
4月23日(火)富山市議会民政クラブに最後の挨拶~民主党県連幹事長に「常任幹事の辞退と民主党離党届け」を提出(受理)~富山市議会議員任期満了
4月30日(火)臨時後援会事務所(選挙事務所にしていた場所)の閉鎖
5月1日(水)就労継続支援B型事務所「おらとことんとん夢工房」開所式
5月2日(木)特定非営利活動法人「全国元気まちづくり機構」の事務局会議
5月6日(月)支援者宅「感謝の気持ちの日」
5月12日(日)若竹町・春季祭礼
5月18日(土)民主党第3区総支部長の結婚式
5月19日(日)アースデイとやま~ダーリン10周年ライブ
5月25日(木)&29日(水)もてなし講座「笑顔と健康」(そよかぜ農産物直売所)
6月9日(日)参議院議員・広野ただし事務所開き

地域行事の参加とセミナー受講ほか

 11月11日(日) 秋の消防総合訓練(富山・大山消防署と方面団)が若竹町~珠泉西町~吉岡~熊野小学校の広範囲で行われました。
 11月14日(水)~16日(金) 第17回・清渓セミナー(地方分権を促進する超党派政治セミナー)-地域と復興と再生に向けて力強い政治を-
 11月17日(土) 興南学園福祉会・くまの保育所「生活発表会」
 11月18日(日) 今年度最終・若竹朝市
 11月23日(祝・金) 10時半~私の後援会の「拡大臨時役員会」
 11月28日(水) NPO法人「全国元気まちづくり機構」の認定NPO法人を目指しての会議
 12月2日(日) 熊野校下自治振興会と校下町内会長議会の平成24年度・合同研修会の「懇親会」のみ(衆院選公示日2日後に控え)に参加
 12月11日(火) 富山市役所2F市民ホールにて、桐朋アカデミー「木管五重奏団」(フルート・オーボエ・クラリネット・ファゴット・ホルン)のスペシャルミニコンサート
 *お知らせ
 12月19日(水)KDV(近未来のエネルギー革命)事業説明会:富山市国際会議場
 11月16日(金)~2月5日(火) 「富山の天神はん」富山市篁牛人記念美術館1F(民俗民芸村内):休館日は12月28日~1月4日

村井宗明・文部科学大臣政務官と伴に

 11月11日(日) 文部科学大臣政務官就任(約40日後の)記念の国政報告会が、石井一・民主党副代表を招いて開催(応募数1,889件から最優秀政策提言(マニフェスト)賞に「競り下げ」が選出されたこと等を披露)。
 11月18日(日) 16日(金)の野田総理による衆議院議員の解散を受け、村井宗明・後援会の臨時役員会を開催。個人ポスター(街中2800余枚)を政党ポスターに張り替え始まる。
 11月23日(金・祝) 村井宗明・後援会事務所の事務所開き(朝)
 11月25日(日) 国会見学ツアーの一日目に参加(二日目は12月定例会・議案説明会のためキャンセル・Uターン)。行程は、「東京ゲートブリッジ」~「江戸東京博物館」~「浅草ビューホテル」~「東京スカイツリー」~「懇親会」
 11月30日(金) 労組との衆院選・選対会議
 12月1日(土) 村井宗明・夫人と伴に祝うX’マス会
 12月2日(日) 民主党県連「新人事(新代表就任)」臨時総会 ~衆院選・県連決起大会 ~選対会議(第1回の戦略会議)
 12月4日(火) 衆院選公示日(出陣式)
 12月9日(日) 第2回戦略会議・予定
 12月16日(日) 衆院選・投票最終日&開票

木々もやっと色づいてきたかと思うと、体感は既に冬です

 とても慌ただしく過ぎ去って行こうとしている3週間でした。いろいろなことが後手に回り必死に追いかけている最中ですが、その日々の報告をさせていただきます。
 10月18日(木)19時~・熊野校下教育振興会理事会。
 同19日(金)10時前後~・第30回「興南のつどい」①意見発表会:1年生の「高岡、砺波宿泊学習」、2年生の「14歳の挑戦」、3年生の「30年の歴史に思いをはせる」・②市中文祭参加者による合唱・③吹奏楽部演奏会。
 同20日(土)午前~・第30回「興南のつどい」④各学年各組(9チーム)対抗合唱コンクール。午後~・⑤「創校30周年記念式典」⑥記念公演ⅰ三遊亭・良楽さんⅱくまの家族楽団の皆さん。夕方~・⑦「創校30周年記念祝賀会」~中座~。
 同日(土)夜~・知事候補者(現知事)の党県連主催の応援集会に弁士として参加。
 同月21日(日)早朝5時~・「モーニングセミナー」。8時~・「若竹朝市」。9時頃~・①熊野小学校「学習発表会」ⅰ一年生「劇:くじらぐも」ⅱ2年生「音楽劇:うたのきらいな王さま」ⅲ3年生「表現運動:目指せ!運動名人」ⅳ4年生「音楽劇:ごんぎつね」ⅴ5年生「合唱:マイバラード」「合奏:銀河鉄道999」ⅵ6年生「創作劇:NIPPON~平和への祈りをこめて」。昼過ぎ~・②熊野小学校バザーで買い物。
 同日(日)午後~・NPO「はちどりバンク」の定期総会~ワールドカフェに参加。
 同月22日(月)~上京~・①「人口減少時代における都市計画と参加・協働まちづくりのすすめ方」セミナー1日目 ⇒後日に詳細レポート・アップ。
 同月23日(火)・②「人口減少時代における都市計画と参加・協働まちづくりのすすめ方」セミナー2日目 ⇒後日に詳細レポート・アップ。
 同月24日(水)・③セミナー「地方自治情報化推進フェア2012」2日目に参加 ⇒後日に詳細レポート・アップ。
 同月25日(木)・④セミナー「大阪における・公務員制度改革」 ⇒後日に詳細レポート・アップ。この日は、私が10年前まで仕えていた衆議院議員「石井紘基」氏の没10年目にあたる日で、自宅(世田谷区池尻)まで足を運び仏壇に線香を捧げ夫人と色々な話もさせていただいた。
 同月26日(金)・⑤セミナー「大阪における・教育基本条例&規制改革」 ⇒後日に詳細レポート・アップ。
 同月28日(日)の午前中は、・第14回「富山市福祉プラザまつり」を訪問。続いて・富山市農業協同組合の「農業祭」(在住校区の吉岡)の2日目に顔を出させていただいた。
 同月29日(月)の午後は、今年の4月29日に開館した県立イタイイタイ病資料館(在住隣接校区にあるとやま健康パーク内)を訪れ、「神通川とともにあったくらしの原風景」~「イタイイタイ病の発生と被害の実態」~「原因究明、健康とくらしを守る動き」~「流域住民の健康を守り、患者を救う」~「汚染農地対策」と順次コーナーを回り、改めて心に刻みました。
 同月30日(火)富山市議会・議会報編集委員会の行政視察で郡山市役所を訪れ~被災地における遊び場の確保として誕生した「ペップキッズこおりやま」(廃止スーパーを民間がリフォームして行政へ提供)へも足を伸ばした。
 同月31日(水)行政視察の2日目は大宮市を訪れました。
 11月1日(木)10時~・①富山県立八尾高等学校「創立90周年記念式典」~②記念講演「120%を探す/廣川まさき氏(ノンフィクションライター)」に同窓生として参加。
 同日(金)16時~・NPO法人「全国元気まちづくり機構」の認定NPO法人昇格(寄付金控除対象法人の礎を築くため)のための打ち合わせ。
 さらに18時~②富山県立八尾高等学校同窓会「定期総会」~③富山県立八尾高等学校「創立90周年記念祝賀会」(八尾女子工芸学校:大正11年2月~八尾実科高等女学院~八尾高等女学院~八尾高等学校:昭和23年4月)という1日でした。
 11月2日(金)午前中は、・議会運営委員会~代表者会議を受けて、会派の打ち合わせ(主な議題は12月定例会と「地方自治法の一部を改正する法律」に伴う会議日程について)。
 同日(金)午後~・①第37回月例「若竹パークゴルフグリーン会」コンペ~②同会の平成24年度「総会」~③同会「懇親会」
 同月4日(日)早朝5時~・モーニングセミナー。8時~・若竹朝市。9時~・第29回「熊野まつり」(展示物の見聞~不二越高校のロボット実演)。10時~午後1時・第47回「細入まつり」(神通碧小学校:ブラスバンド~ダンスラボ玄:ヒップホップダンス~展示物の見聞~ぶりノーベル出世街道ウォークラリー~芸術芸能祭の見学)。再び「熊野まつり」(展示物の見聞~ステージ発表:ⅰ大正琴「バラの会」ⅱ民謡の会ⅲくまの家族楽団「ウエストサイドストーリー他」)に参加。
 同月5日(月)平成24年度「富山市表彰」が11時より行われ(今年は初の試みとして、BGMに桐朋オーケストラアカデミーによる弦楽四重奏の生演奏がありました)、37名と2団体(在住校区から3名と知人1名)の皆さんが表彰されました。
 そして昨日、長年にわたり松川整備や遊覧船の運行でご尽力されている、中村孝一氏が発行されている「月刊グッドラックとやま」の座談会(富山市議会議員の6名による)に参加させていただきました。テーマは、2013年新春号掲載の「松川の魅力アップで中心部に賑わいを」でした。因みに私はソフト開発の面から「幽玄チンドン夜(舟)流し~桐朋オーケストラアカデミーによる滝廉太郎の楽曲定期演奏会~越の国ふるさと文学館~数十店舗もの鱒寿しブランドの連動等」を話させていただきました。

今日は富山県知事選の公示日

 今日に至るまでの約10日間の活動ですが、先週の日曜日のわかたけ文化祭が13時30分から4時近くまで行われました。
 翌月曜日の夕方は地域の「防犯パトロール激励式」が自主防犯パトロール隊の皆さん約100名の前で行われ、引き続き市役所前から「青色防犯パトロール車」が次々と地域へ向かって行きました(厚生委員会の一人として参加させていただきました)。
 10月2日(火)は近所の独立系電気自動車メーカーの専務と長野県にある新エネルギー研究所長のもとへ、13cm四方の立体(所謂ミネラルウォーターとある溶剤を3%足したものを空気中の酸素に触れさせる中で)で約14Vの電気を発電するシステムを視察。
 翌3日は、富山県市議会議長会が主催する「市議会議員研修会」が行われました。講師に富山県立大学工学部環境工学科教授の九里徳泰氏を迎え、演題「持続可能な社会の構築と再生可能エネルギーの可能性~未来の富山をグローバルに考える」の講演が行われ参加してきました。参考資料に「21世紀環境立国戦略」の概要(環境省)を頂き、○環境を取り巻く社会動向(ⅰ7割が環境派、内1割が意識的に活動 ⅱカーボンオフセット ⅲFactor≒省エネの単位:例えばハイブリット車はファクター4…) ○環境の見える化(例えば、ⅰカーボンフットプリント ⅱフードマイレージ ⅲバーチャルウォーター…) ○安全安心な社会への希求:持続可能な消費(例:日本人は一人あたりの1年間に20tもの水の消費をしている) ○オーストリアにおける「地域経済」と「地域社会」のカップリング ○スマートグリッドスマートトランスポーテーション ○富山の自然エネルギーの可能性に対してのポテンシャルの高さ等々…。
 4日(木)は、最初に実践倫理講演会「富山地区支部設立57周年記念式」に参加~そして、昼前には一法人㈱の新社屋竣工式に参列させていただきました。
 翌々日の早朝は、熊野川管理道路(熊野川のり面)の「クマ対策のための一斉草刈り」を地元地域の自治振興会の主導の下、有志によって行われました。10時からは市内のショッピングモールにて行われた「拉致被害者救出のための街頭署名活動」に参加。午後から夕方にかけては、細入地域の個別回り(後援会活動)を行いました。
 7日(日)は、何時もの通り、モーニングセミナー(今日の講話:生まれた星は変えられないが生涯の幕引きは設定できる…等)から始まり、9時からは熊野地区の住民運動会(来賓チームで1競技に参加したところで…11時頃に雨のため中止)~山の方が明るかったために実家の猪谷地区の住民運動会と直会に参加。午後からは、地元校区にある介護老人保健施設の「みわ苑祭」に参加し、ⅰ富山マンドリンアンサンブルとⅱムラタセイサク君&ムラタセイコちゃん(在住校区に村田製作所があるため)のパフォーマンス…等の見聞をご一緒させていただき、夕方は隣の若い衆が集まっている珠泉(新興住宅地)の住民運動会直会に参加させていただき、地域の問題点や将来について意見交換させていただいた。
 そして連休最終日は、細入地域の個別回り(後援会活動)の続きで締め括り、一昨日の火曜日は昼から北日本政経懇話会10月例会(福岡伸一氏:青山学院大学教授・生物学者)による「科学と芸術のあいだ」という演題での講演に冒頭の30余分だけ参加し、議会報編集委員会に委員として出席。オフ後は、富山県洋画連盟富山地区会員(作家たち)による「東日本大震災復興支援チャリティ・小品展」を視察見学してきました。
 そして今日は、富山県知事選挙の公示日で党の推薦候補者の出陣式に出向きました。よって、今日から投票日の28日(日)まで、私たちも後援会活動は休止となります。

9月の最終日に

 やっと、残暑も落ち着き秋らしくなってきましたが、9月後半の私の行動を追っかけてみます。
9月16日(日)倫理法人会のモーニングセミナーから始まり、町内のゲートボール大会の開会前の激励をさせていただき、党県連の常幹に出席。夜は、まだまだ続く「木馬30周年記念ライブ」で、ピカソニック(私もメンバーである光るカホン楽団)のバンマスであるK氏と高校の同級生のN氏のソロを聞きに行きました。
 9月17日(祝)の午後は、細入地域(中学母校の周辺)の個別回り。明けて18日は、一般質問の最終日(昼休憩に弦楽四重奏の演奏が市役所2Fの踊り場でありました)、夕方には富山県の倫理法人会の役員が一同に会しての授賞式典に参加しました。19~21日までは各委員会が開かれました。
  9月22日は 17日の続き。翌23日(日)は、やはりモーニングセミナーで始まり、午後からは富山県宅建協会富山&新川支部主催の北川正恭氏の講演会に参加し(後日詳細をアップ)、夕方からはバー二ングロックというロックバーの経営者のお嬢さんのバンド=弥緒(from東京)を見に行きました(5年前までやっていたFMパーソナリティの時に出演して頂いたこともあってです)。
 明けて、24日は厚生委員会、25日は6月定例会の最終日。26日は、私用で行けなかった24年度富山市の「認知症高齢者見守りネットワーク講演会」がありました(去年は出席)。
 そして、昨日は原口一博・衆議院議員(私は元・石井紘基代議士の秘書で、原口氏は石井氏が主宰していた「国会Gメンの会」のメンバー)を迎えてのむねあき政経懇話会が開かれ、代表選期間中(村井代議士は原口候補と1ヶ月近く行動を共にした)のことも含めて報告がありました。印象的だった言葉に「行政が議会より強くなると言論封じが始まり、行政が司法より強くなると民の泣き寝入りが始まる」という一節があり、その通り流石!と思いました。
  終了後、富山市農林水産部森林政策課が制作したチラシ「出かけてみませんか?富山の木の家づくり!!」の自宅から比較的近い地域の見学会に行ってきました。市内産材を使用した和モダーンな造りとハイブリット給湯・暖房システム(ガス・電気併用の韓国で言えばオンドル式が近い)が注目です。
 それで今日は、やはりモーニングセミナーから始まり、帰りに近くの環水公園に立ち寄り、昨日から開かれている「とやまグルメバトル」の準備中の会場を見て回ってきました。これからは、午後から行われる若竹町内の「わかたけ文化祭」を見聞しに行きます。
 また、明日から「障がい者虐待防止法」が施行されます。

朝夕はずいぶん涼しくなりましたが、残暑厳しい中…

 9月3日(月)は「越中おわら風の盆」の最終日。前夜祭を含め11日間は、雨模様が続く中にも拘わらず、過去最高の26万人の人出とも伝えられていた(平成23年度は経済効果が約32億円)。そんな日の午後から、ある団体の推薦議員団会議に参加し、中でも今年は「国際協同組合年」であることが紹介、それが特に象徴的なできごとでした。
 4日(火)は、いよいよ9月定例会の議案書が配られ、7日(金)の市長の提案理由説明の本会議で幕を開けた。本会議後に代表者会議があり、その後に異例の厚生委員会が開かれた。
 8日(土)は、たぶん(一部を除いて)全市的に中学校の運動会の日で、創校30周年記念の在住校下にある興南中学(興南魂~燃えろ我らの闘志~真の力を呼び覚ませ)と我が母校の楡原中学(あきらめない・力~同心戮力~最後まで絆をつなげ!分かち合え!飛躍の瞬間を!)の第66回大会があった。あいにく、母校は都合で立ち寄ることができませんでしたが、自主運営の中学運動会は、高校の文化祭に負けない思い出深い行事である。そんなことが、ふと頭をよぎる瞬間の連続でした。
 その日の夕方は、世界的に有名な富山県出身のオペラ歌手お二人を迎えての「おしゃべりカフェ・ミニコンサート」に行って参りました。お一人は富山市新庄中学出身の金川睦美(ソプラノ)さん、もう一人は射水市出身ドイツ在住の澤武紀行(テノール)さんで、場所がユニークでネッツトヨタ富山の一見式場のような展示場で行われた。内容はヴェルディ作曲の「乾杯の歌」で始まり、ショパン~オペラでは欠かせぬプッチーニやレハール作曲の抜粋小曲で構成され、誰もが一度は聞いたことがあるお馴染みの曲で構成され、束の間のひと時を楽しみ過ごさせていただきました。
 明けて9日(日)は、夏休み明けの復帰2回目の経営者モーニングセミナーから始まった。講話は、100人余りのコンパニオンを率いる「ブラージュ」代表の土井杏佳音さんの「新しい時代の奉仕型リーダー」というテーマ。私たち議員はパブリックサーバントとよく言われるが、サーバントリーダーシップ10の属性(Listening, Empathy, Healing, Awareness, Persuasion, Conceptualization, Foresight, Stewardship, Commitment to the Growth of People, Building Community)を引っ提げての話は具体性もあり、とても参考になりました。
 引き続いての朝食会では、4年目に突入された今井理事長のNPO「花街道薬膳のまちを夢見る会」の新機軸「新幹線開通を前にして~経済発展の風土を創る~」というプロジェクトの紹介もあった。折しも、その直後の催し物の冒頭に挨拶させていただいた飛騨(東西)街道の県境にあたる猪谷関所「飛越ふれあい祭り」、その飛騨(ぶり・ノーベル)街道の始点(飛騨からみれば越中街道の終点)を起点に展開されている素晴らしい事業です。
 その猪谷関所館~猪谷駅(JR西日本&東海)前商店街で展開されたお祭りは「円空仏制作」「神通碧小ブラスバンド」「風船パフォーマンス」「猪谷獅子舞」が演じられる中、「地鮎の塩焼き」「古代米・栗クッキー」「三五八」「みょうが寿し」「笹団子」「蜂蜜」「六宝焼」(私の祖父のお弟子さんが創作された地産品)「豆餅」他が所狭しと陳列される中、もう一つの名物である早瀬亭の「常虹の滝・流しソーメン」が振る舞われ大いに盛り上がりました。いや、もう一つ忘れてはいけないものがあります。「細入の気ままな旅人」という代名詞のついた佐田保さんを中心に15誌余りに増えた手作り本(ほそいり遊々企画)は密かにブームとなりつつあり、2誌も買ってしまいました(そのうち、逸話を少々紹介します)。
 その日の最後は、実家(猪谷)から住まい(熊野)を挟んで、車で1時間位の処(婦中音川)にある「やまふじぶどう園」の収穫祭(例年楽しみにしている)に行って参りました。今年も名物「ラム肉のバーベキュー」を摘まみながらのパラディワイン(瓶詰にできない、今まさに発酵中の、一年に一回きりの、此処でしか飲めない)で乾杯!今年も多くの出会い、懐かしい顔ぶれの皆さんと談笑(厳しいお話も)させていただきながらのひと時を過ごさせていただきました(ご来場者数450人強)。そこで、たまたま同席させていただいた金沢の方々のお持ちになっておいでの「石川ひやおろし」を紹介リンクさせていただき秋の味覚の祭典を閉じさせていただきます。
 秋の味覚と言えば、9月定例会の合間に富山大和で開催されていた「全国うまいもの・お取り寄せ大会~18日(火)迄」。さらに芸術の秋、富山市のもう一つの魅力となりつつある「富山ガラス」、その作家協会創立記念展が6日(木)~11日(火)の期間で大和の5Fアートサロン・コミュニティギャラリーで展開されていました。
今秋は、まさに定例会の一般質問の週、そんな中、今回は企業会計の決算特別委員に指名されそうです(正式には後日)。
 そして、今日はさっきまで行われていた「くまの保育所」の家族運動会に来賓で参加。テーマは「目指せ!金メダル!みんなの心をひとつに」とロンドン・オリンピックイヤーらしい彩りある大会でした。オープニング・カラーフラッグに始まり、体操・親子かけっこ・親子リズム・かけっこ・リズム・小学(卒園)生レース・親子競技・鼓隊・親子騎馬戦・保護者競技・クラス対抗リレー・フォークダンス等々、そして何といっても今回の注目初競宴「ヒップホップダンス」、中学生の新科目「ダンス」に呼応した図らいは園長先生のアイデアだそうだが、園児たちは楽しそうに一生懸命にノリノリで演じていたのが印象深かった。
 最後に未だ間に合います。とやま・まちなかコレクション2012が富山市中心市街地(富山城址公園~富山国際会議場~大手モール~グランドプラザ)で展開されています。食べる・音・チャリ・語る・フリマ・ファッション・踊りと20時近くまで賑わっています。

今年も、日差しの強い暑い1日だった

 7/27 午前中は、後援会の方と政治談議(かなり突っ込んだ財政の話)。夕方からは党県連の常任幹事会と終了後の自治体議員団会議
 7/28 夕方から地元校区の町内会の納涼祭(林崎と経力)に参加させてもらった。
 7/29 Fact & Peace Music Festa :「プロジェクトFUKUSHIMA」上映会 & 遠藤ミチロウ(元スターリン←30年振りか?結成当時から面識があるが…)Talk Session & Live:遠藤氏は福島出身で「一つの戦後だ!未だに見えない敵と共にいる(かつて歌い表現した内容が、リアリティをもってソコ・ココに表れているような世界に生きている)」というような「彼の言葉」に何か気づかぬ、もう一つの現実を知らされた。
 5時間にも及ぶプロジェクトの終わらぬ間に…千石町通り恒例の夏の珍納涼祭「がんこもん祭」に立ち寄り、…ピカソニック(私も参加している「光るカホンチーム」…次は8/11高木町の納涼祭に出演しますが)のバンマスの小林師匠が所属する(ベース担当)40年来の「ANANTAN」(一度だけ練習でドラムのピンチヒッターをやったことがある)のライブがあるというので…一時間滞在して、地元校区の石田万葉台町内会の納涼祭に参加(市街化調整区域における、30年前の新興住宅地が「陸の孤島にならないため」の突っ込んだ施策も話し合った)
 7/31 富山地域衛生組合の7月議会に議員として、上市役場議会に出席(提出案件は「平成24年度富山地域衛生組合一般会計補正予算」と「平成23年度富山地域衛生組合歳入歳出決算認定」)
 それで今日の午前中は、伊佐雄志神社例大祭に参列(毎年、かつて2千余名の命を奪った富山大空襲のあった日、8/1に行われる)、そのまま護国神社に移動参列。午後からは「富山市民感謝と誓いのつどい」に参列…19時からは御神楽の夕べ(護国神社)…この日の鎮厳から始まったと云われる「大花火大会」がある。
 ところで現在、大きなイベントが二つ開かれている。一つは「2012北信越かがやき総体」(全国高等学校総合体育大会)7/28(土)~8/20(月)。もう一つは、まずお目にかかることは二度とないだろう「とやま世界こども舞台芸術祭2012」で、国外19か国、県外16都市からの参加団体、県内7団体の共演等…盛りだくさんである(各チームの場所と日時を確認して足を運ぼう!)。*両イベントともリンクを貼っておきますので要チェック!

熟議「災害が起きたらどうする?」

 地域と共生する大学づくりのための全国縦断熟議熟議2012 in 富山大学
 主催:富山大学・文部科学省、協力団体:NPO法人日本ボランティア活動推進機構
 サブテーマを1.「地域を考える」×7チーム、2.「支援活動を考える」×1チームに分かれ、計82名の参加者とチームごとに1名のファシリテーターを加え、最後のプレゼンテーションも含め、5時間にも及ぶ大熟議が展開されました。私たちのチームは2.の13名で、考えられる限りの①「支援される人たちの属性分け」から始まり ②「支援し得る団体」を(ライフサイクルなども加味して)店晒しにし、③そこに関わるⅰ教育現場としての、ⅱ拠点としての、ⅲ社会的位置としての、「大学」「大学生」のあり方・役割(将来展望)を探った。
 ここでは、それぞれのテーマ、イシューについて取り上げませんが、皆さんも何人かで「思いつく限り」それぞれが出し合い、役割や「いざ!」という時に、どのように(果たして機能的に)働くのか?を、「熟議カケアイ参加の五箇条」の基に検証してみる(ゲームをしてみませんか)。さまざまなことが見えてきます。
 今回の熟議の前に、ごあいさつに立たれた方々の参考資料もリンクさせていただき、先々週の七夕の日に行われたレアな現場(雰囲気・熱気)のレポートとします。
 ①地域と共生する大学づくりのための全国縦断熟議(文部科学省) ②教育振興基本計画の検討について ③富山大学地域連携推進機構生涯学習部門「竹内章」教授 ③熟議2012 in 富山大学「災害が起きたらどうする?」資料(ワークショップ「災害が起きたらどうなる?」の時の意見集約集など)

Home > むらなかブログ > 会った語った

メタ情報

ページトップへ