Home > 後援会

後援会

後援会総決起集会 3/25 @2017

今日は土曜日の一家団欒の時間にもかかわらず、たくさんの方にお集まりいただき、ありがとうございました。
富山に戻って来て13年の月日がたちました。国会議員の秘書時代から支えていただいてきた皆さん。私の出身地である細入・大沢野地域の皆さん。そして、政治家として育てていただいた、熊野校下はもとより地元の若竹町の皆さん!今日この日から私は恩返しの日々へと変わって参ります。

10年前にこの地に立って

① 歩いて出かけるスーパーマーケットがなかった

② 地域公共交通と、お出かけ定期券が市民病院と星井町以北でないと100円で行けない
③ 田園の法面や側溝の除草対策(農家の後継者不足でマンパワーが足りない)

④ 熊野幼稚園の廃止問題
そして、水や資材・エネルギーを古くから、この豊かな大地を支えてきた、方々の里山の過疎化においては、深刻度がピークに達しています。
8年前に議員になって
① 通学路の確保
ⅰ歩道の除雪
ⅱ橋の欄干のメンテナンス
ⅲ興南中学への通学路の確保(土川の橋上の融雪装置):PTAと融雪組合の協力もあって

② 子育て支援で保育所の増設等を市政報告会の開催を重ね☞議会度で訴えて、幼保の一体化(認定こども園の許可がおり増設)
③ 私道を市に移管等で、除雪を行政で
④ 用水の中島化(1丁目)を解消
⑤ ゲリラ豪雨&洪水対策(用水は市の管理だが、使っているのは農家においての取水、住宅地においての雨水用水として)☞休耕地や耕作放棄地、転作の奨励で用水の水門管理が従来通りにならなくなった☞市に用水マップの作成と管理の依頼☞5丁目の側溝回収に側面から支援させていただきました

今後の課題
① 4月から要介護支援1&2の厚労省から市への助成がなくなる☞新たなる支援策を市町村の自治体が独自に策定中☞4月から新しいスキームができる。
「若竹みんなの家(高齢者サロン)」(市内では岩瀬)が先駆けのような施設がある。運用段階で地域に使い勝手の良いものにしたい☞それを各地に全面展開したい
② 今世紀に入ってから日本の地に訪れる観光客は僅か500万人ほどしかいませんでしたが、人口減少時代の日本にあって、2010年に観光立国「日本」を宣言し、昨年は、速報値で2500万弱の皆さんが日本でお金を落とされた。

ここ熊野校下は、旧飛騨街道の布市・笹津道と大久保街道に囲まれ、加賀藩の東猪谷関所、富山藩の猪谷関所に通じています。関所を境に飛騨は、資材・エネルギー面から江戸幕府の直轄地でした。街道沿いには様々な人たちが行き交い、多くの野仏や地蔵がそこここに見ることが出来ます。当然のことながらソコには多くの物語があり、そこから見えてくる風景には観光資源としての宝に溢れています。
③ 何卒、私を市政壇上へと上げていただくためにも、これからも皆さんと相談させていただきながら、「子育て支援」や「高齢者対策支援」等、若いお母さんたちの働く時間と場を確保等して地域経済の更に活性化、皆さんと相談しながら「地域コミュニティ」の発展に尽くして行ければと考えております。

皆さんから頂いた期待と貴重な意思表示に対して酬いえなかったことに…

このたびは本当に多くの皆さんから、たくさんのご声援・ご期待をいただいたにも関わらず、お応えできない結果となり心からお詫びを申し上げます。今一歩、私の力が及ばず皆様の民意を託していただくには至りませんでした。
とても厳しい状況にありながら、普段の日常をおしてでも夜遅くまで明るく応対し業務をこなしてくれたスタッフ、ともに助け合いながら選挙戦をたたかっていただいた町内・在住校区および出身地域の方々、人目をはばかることなく快く応援弁士を受けていただいた諸先輩、街行く方々や車からの激励もいただき、皆さんの意思に応えることができなかったことに対して本当に心苦しく思っています。
「皆さんが額に汗してつくった税金や年金・国民皆保険、公共料金が生活現場や仕事現場、地域社会で実感できるような自治体へ」、政治の道を志してから私はいつも呪文のように、この言葉を自らのキャッチフレーズとしてきました。
今後とも故郷である富山市・富山市民のため、この試練を糧に容を変えながらも目的達成のため日々精進して参ります。これからも何卒、暖かいご指導・ご鞭撻の程よろしくお願いいたします。

地域行事の参加とセミナー受講ほか

 11月11日(日) 秋の消防総合訓練(富山・大山消防署と方面団)が若竹町~珠泉西町~吉岡~熊野小学校の広範囲で行われました。
 11月14日(水)~16日(金) 第17回・清渓セミナー(地方分権を促進する超党派政治セミナー)-地域と復興と再生に向けて力強い政治を-
 11月17日(土) 興南学園福祉会・くまの保育所「生活発表会」
 11月18日(日) 今年度最終・若竹朝市
 11月23日(祝・金) 10時半~私の後援会の「拡大臨時役員会」
 11月28日(水) NPO法人「全国元気まちづくり機構」の認定NPO法人を目指しての会議
 12月2日(日) 熊野校下自治振興会と校下町内会長議会の平成24年度・合同研修会の「懇親会」のみ(衆院選公示日2日後に控え)に参加
 12月11日(火) 富山市役所2F市民ホールにて、桐朋アカデミー「木管五重奏団」(フルート・オーボエ・クラリネット・ファゴット・ホルン)のスペシャルミニコンサート
 *お知らせ
 12月19日(水)KDV(近未来のエネルギー革命)事業説明会:富山市国際会議場
 11月16日(金)~2月5日(火) 「富山の天神はん」富山市篁牛人記念美術館1F(民俗民芸村内):休館日は12月28日~1月4日

「村中隆之後援会」総会議案

 一昨日、行われた後援会総会での決定・承認事項をご報告いたします。
 〇平成23年の村中隆之議員・活動報告
 昨年は自然災害の多い年になりました。ニュージーランド地震では県民の被害者が出ました。また東北地方を襲った大きな津波地震では62を超える自治体に被害があり、原発事故の影響も甚大であり、今なお収束の道筋は見えていません。
 そんな中、私も被災地の宮城県石巻市に飛んで、災害ボランティア支援という活動を通して、その被害の大きさと現場、そこで生活していらっしゃる被災者の皆さん、支援体制のあり方を学んできました。また、海外ではアラブ諸国のドミノ的政変、ヨーロッパでの金融危機、タイの洪水と大きな変化の年でもありました。
 そのような昨年は、2月13日の後援会の新年会を若竹町公民館で広野参議院議員・村井衆議院議員の出席のもと開催いたしました。4月の県議選では旧富山市南部地区・堀川校下在住の新人「笠井和広」候補を全力で応援、県議初当選を勝ちとることができました。
 具体的な政策活動には、次のようなことが掲げられます。「自立的エネルギーとしての小水力発電」「熊野地区の防災のあり方」「公共交通体系の確立」「商業施設の充実(特に生鮮食品の地域における充実)」「熊野幼稚園の廃園後の利用と放課後児童健全育成事業」「農地における農業用水路と住宅地における雨水等・排水路の整備」「高齢者介護および障がい者施設への訪問・学習」等を推進して参りました。
 〇平成23年の収支報告
 ①収入の部 ⅰ前年からの繰り越し 129,774円
 ⅱ23年「新年の集い」会費計 17,000円
 ⅲ個人からの寄付 20,000円   合計 166,774円
 ③支出の部 ⅰ後援会活動費 79,988円
 ⅱ茶菓代 14,154円
 ⅲ公民館使用料 5,000円
 ⅳ本年への繰り越し 67,632円  合計 166,774円

 一 平成24年活動方針(案)
 1. 1年2ヶ月後の4月に改選を控え、具体的な後援会(役)員増員計画
 2. 地域の各町内に最低限1人の活動の中心となる役員をたてる。
 3. 「選挙体制の確立」=役割人事の確認と具体的な人員確保(①選挙前のポスティング ②公示日のポスター貼り ③電話かけ要因 ④事務局長・事務員(名簿管理) ⑤選挙カー運転手 ⑥集会設営・司会者・弁士 ⑦うぐいす等)
 4. ①今年の後任後援会長の決定(9月末の役員会で発表) ②選挙事務所の決定(1年後には事務所開き)
 一 今後の活動報告会および政策勉強会の日程(案)
 1. 交通体系で隣接する自治振興区との連携(草島線以南・上滝線以西の「旧富山市内・自主運行バス(想定)」についての「富山市出前講座」の設定等)
 2. 「市政報告会」・「県政報告会」・「国政報告会」
 一 後援会組織の大きな目標(案)
 1. 熊野および周辺住民に村中議員の活動が見えるような(わかりやすい)後援会活動として、積極的に活動報告会や政策勉強会を開いて行かなければなりません。
 2. 前回の選挙を通して、村中市議が当選できた一つの要因に「熊野地区住民の不満の積み上げ」があったと思います。その不満の中身とは、同じ南部地区にありながら、蜷川や月岡校区に比べ、交通体系・子育て環境・高齢者対策等に立ち遅れた部分が多くあるように見えること等でしょう。この不満は、「強い市議会議員・待望」の証となっています。村中市議が、そのような議員になるための一つの手段には、次回の当選は然ることながら、目標を5千票超と設定し、「強い議員」誕生のために地域の人たちと連携できるようになって行かなければなりません。そのことが「後援会結束」の大きな努力目標となります。

後援会「総会」「新春懇親会」

 本日、約40名の参加で、私の「後援会総会」と「新春懇親会」が執り行われました。以下は次第(決定事項含む)です。
 後援会 総会
 一. 司会進行役 開会 一. 後援会副会長Ⅰ 開会の挨拶
 一. 昨年の活動報告
1月31日(日)新年後援会総会
場所:旧・後援会事務所(珠泉) 参加人数:30名弱
3月22日(振)~23日(火)村中市議と行く村井代議士・国会見学ツアー
行程:東京シティビュー~明治神宮~ホテル・ニューオータニ~(都合で皆さんとお別れ)~国会議事堂~鳩山会館 参加人数:約80名(村井宗明事務所と共催)
5月29日(土)市議1周年記念市政報告&ライブ
場所:山室ラッコント 参加人数:40名弱
10月10日(祝)後援会「臨時役員会」
場所:村中隆之後援会事務所(若竹町1-2) 参加人数:16名
12月12日(日)市政報告会
地域における子育て環境(幼・児・学童保育の整備) ~市の取り組みと今後の活用について~ 場所:珠泉公民館 参加人数:20名強
 一. 承認事項
議題Ⅰ 昨年の収支報告の承認
「収入の部」①個人献金(55,000円) ②前年繰り越し(245,998円) ③当選1周年記念イヴェント(168,500円) ④本人からの借入金(200,000円) ⑤火災保険額:旧事務所被害(171,882円) 合計841,380円
「支出の部」①事務所家賃光熱費等(183,410円) ②組織活動費(333,613円) ③当選1周年記念イヴェント(197,400円) ④翌年への繰越金(126,957円) 合計841,380円
議題Ⅱ 役員体制
新体制(案) 1.会長1名、副会長2名(内・会計責任者1名)会計職務代行者1名 2.幹事:熊野33町内(最低限、各1名づつ)、他校区は増員あれば順次追加(新保校区に最低1名)、ほか県議選を睨んで追加校区あり
議題Ⅲ 平成23年の後援会行動計画
 3月 村井宗明(国)・村中隆之(市)・候補予定者(県)との連携パネルディスカッション 4月 県会議員選挙支援 5月上旬 市政報告会(旧富山市南部地区)「当地域の公共交通体系構築」について 5月中旬 市政報告会(細入地区)「林野行政と過疎対策」について 6月 後援会員の拡大 7~8月 町内行事(納涼祭など)を村中市議への情報提供と可能な限りの共同連携 9月 後援会員の拡大 10月 役員会:来年の年次計画など 11月 旅行会(国会見学ツアーなど)
 一. 県議選予定候補者 紹介
 後援会 新春懇親会
 一. 後援会会長 開会 一. (来賓挨拶)参議院議員「広野ただし」様 一. 本人謝辞 一. (乾杯)衆議院議員「村井宗明」様 一. 歓談 一. ピカソニック演奏 一. 後援会副会長Ⅱ 中締め

「新春の集い」ラッシュ


 1月30日(土)11:00~ 民主党とやまの賀詞交歓会がボルファートとやまであります。さらに、富山県第1区総支部長である村井宗明衆議院議員の新春の集いが2月11日16:00~ボルファートとやまで一般の会、2月19日19:00~ANAクラウンプラザホテルで企業の会があります。そして、最後に私の後援会総会&新春の集いが2月13日の14:00~若竹町公民館であります。それぞれ、会費があるので確認してからお出で下さい。

地域における子育て環境

 幼・児・学童保育の整備~市の取り組みと今後の活用について~と題して、一昨日の午後2時~地元小学校区の中でも一番の子育て家庭の多いと思われる珠泉西町・東町の公民館で、私の市政報告会を開きました(途中で村井代議士と笠井県議選予定候補者の参加もあり、より話が白熱した場面もありました)。
 昨年の夏頃、地元の市立幼稚園が4年後(当時)に廃園になることを知って、その経緯等を調べてみたら、約10年ほど前から密かに議論の遡上にあがっていたことが判明、時すでに遅しだった。私の当選する前、4年間の議員空白の地であった熊野。議員になる前のこととは云え、一般地域住民も知らない、私も知らなかったことに情けなさを感じた日が続いた。さらに両隣の小学校区の市立幼稚園は、3歳児から受け入れ(熊野は4歳児から)で東隣は存続、西隣は保育園と一緒になって市立第1号の「認定こども園」となることが既に決定していた。後は国が仮称「こども園」構想の基に、幼保の一元化を貫徹・法整備を行い、そのスキームに従い自治体が、私立こども園に対して、どのような助成をするのかにかかっている。何れにせよ、そんな環境にあることを知っていつつ、口をつぐんでいる訳にもいかず、20名ほどの参加ではあったが、2時間の白熱した議論が展開された。
 あとは、その後に真剣にお話を聞いていただいた子育て世代の方宛に「学童保育」について、お送りした文章で報告としたいと思います。
 〇〇 様
 先日は私の市政報告会にお出でいただきありがとうございました。妻から「署名活動が必要なら、何でも言って下さい」という話を家に戻って聞きました。何れにせよ、以下のとおり状況を整理して、今後ご協力いただけることがあれば、お願いしたい!と思っています。
 ①まず現状の幼稚園を利用した熊野の学童保育「ちびっこ館」は、富山市がサポート助成している「地域児童健全育成事業(=いわゆる「こども会」)」にあたります。
 ②「子ども会」は富山市全校区において行われている放課後児童クラブです。原則、平日の小学校終了時から17時まで運営されています(地域の方々の努力で、18時までの運営をしている所もある)。土曜日は「かがやき教室」という制度で、熊野はやっていない。夏休みも一定の条件を満たしている地域で、許可・助成している。
 ③「子ども会」は自治振興会や民生委員・児童委員などが中心になって、各校区で運営協議会を設立、一定の条件を満たす人材を確保していただき、運営している。熊野は運営協議会長として、自治振興会会長が兼務している。
 ④私の行動としては、皆さんや後援会員・その知人の方々から、「平日の18時までの延長運営」「かがやき教室の運営条件」「夏休みの開校」を満たす人材の確保(常時2名+フォロー1名のローテーションなど、計10名ほど確保)を情報が整い次第、具体的な作業に入り、「人材が揃い・管理体制が整った段階」で、自治振興会長に申し出(直談判し)ようと思っています。
 ⑤並行して再度、助成団体である「市」の担当者に「熊野ちびっこ会」の管理・運営の条件=「場所の管理と連絡網」、平日の18時までの開校、夏休み開校の条件、土曜日(かがやき教室)の運営条件を確認させていただき、平日の延長、土曜日・夏休みの開校を実現したいと考えております。
 とりあえずのメドを1月いっぱいと考えております。以上、ご協力いただくこともあるかもしれませんので、情報提供もあれば、連絡いただけると助かります。

市政報告会のご案内

 後援会臨時役員会の議録・報告を受け、以下の内容・日時・場所にて「市政報告会」を行います。
 地域における子育て環境(幼・児・学童保育の整備)
 ~市の取り組みと今後の活用について~
 日時:12月12日(日)午後2時~
 場所:珠泉公民館

 *参加される方は、メールで連絡先など頂ければと思います。

後援会「臨時役員会議事録-要約版-」公開

 日時 平成22年10月10日 14時~16時
 場所 村中隆之後援会事務所(若竹町1-2)
 参加人数 会長・副会長を含め16名の参加をもって、党役員会が成立したものとする。
 挨拶 村中隆之本人からの謝辞・村井宗明衆議院議員の祝辞
 報告と議論内容
 *参議院選における村中後援会の成果と反省点
 *本人の選挙を始め、あらゆる選挙協力ができる後援会組織の強化
 *村中後援会の地域への貢献度を上げる方策と地域活動との連携
 *村中後援会は政党の下部組織ではないことを確認
 *上記を踏まえ富山県第1選挙区においての村中後援会の役割分担と調整活動
 *大まかな年次計画を決定し、その計画をとおしての会員拡大と行動する後援会の構築
 拡大役員会における論点と発言内容
 司会
 昨年の衆議院選から今年の参議院選を終え、これらの一連の活動経過から反省すべきところを捉え、今後の活動を支えるべく、強力な後援会組織が必要と考えます。村中市議は約2年前に地元後援会が不充分な中、村中個人・親族親戚筋の人脈や後援会活動における戸別訪問、さらに村井宗明代議士とそのスタッフ・村井後援会を中心に選挙体制を組織し、何とか勝ち抜いた選挙だったと考えます。それらのことから、次回選挙に向けて強力な後援会組織を構築する必要性とその時期が来ていると思います。
また来年の4月には現職に加え、民主党新人候補による県議選の擁立も控えており、この旧市南部地区での予定候補者が決定した際には、村中本人と後援会が有機的な支援体制と活動をとおし、村中後援会の組織強化に取り組んで行かねばなりません。そこから、次回選挙に備え得る体制づくり、後援会組織の役割分担の確立、後援会員のさらなる拡大を具体的に計画し、作り上げて行かねばならないと考えます。そこで、次のような年次計画(案)を立て、活動を共有できればと思います。
 11月14日 村中隆之市政報告会14時より(若竹町公民館にて予定)→その後に変更
*地域における子育て環境(幼・児・学童)の変遷、市の取り組みと今後の活用について
 12月 上旬に予定されている、村井衆議院議員の国政報告会支援→11月14日に変更
 1月 後援会員の拡大
 2月 総会・決算報告と「第一回新春の集い」(仮称)
 3月 村井宗明(国)・村中隆之(市)・候補予定者(県)との連携パネルディスカッション
 4月 県会議員選挙支援
 5月上旬 市政報告会(旧富山市南部地区)「当地域の公共交通体系構築」について
 5月中旬 市政報告会(細入地区)「林野行政と過疎対策」について
 6月 後援会員の拡大
 7~8月 町内行事(納涼祭など)を村中市議への情報提供と可能な限りの共同連携
 9月 後援会員の拡大
 発言①
 具体的に名簿を作りそれぞれが分担をきめて活動していかなければならない。
 発言②
 平素の生活の中や町内の活動などでも意識しながら、村中市議と一緒に集う機会に村中市議の存在とその存在感を作って行かなければならない。
 発言③
 熊野運動会のパンフレット・名簿に村中さんの記載がなく頭にきて、役員に問い正したがおかしな話だ。村中市議を地区の代表として、みんなが思ってもらえるように活動しなければならない。
 発言④
 地元地域に村中市議を積極的に紹介して行かなければならない。私が一緒に町内を連れ回って、村中市議を応援するようにしたい。たかだか35軒ほどの家数なのだから、やって行きましょう。
 発言⑤
 私は他の市議が居る地域に住んでいるけれど、村井衆議院議員の奥さんとご一緒に私の町内の納涼祭に駆けつけ、皆さんに紹介する機会がありました。同様に町内の方に村中市議のことを積極的に紹介することは大事なことだと思う。その内、紹介した方から村中市議の活動について、意識されるようになると思います。
 会長
 今後は地域活動をとおして、地元に貢献できる議員・後援会組織にして行かなければならないと思います。
 以上のような議論の末、上記の年次計画を決定し、活動の礎にすることで一致・採択した。
 *追記
 本会で決定した11月14日(日)の市政報告会は、同時に村井国政報告会の同一場所での11月中の開催も検討に入っていたので、事務局サイドの勝手な判断でありましたが譲ることにしました。改めて12月12日(日)14時~珠泉公民館で開催することになりましたので、ご了解をいただくと同時に、この間の連絡が遅れたことを深くお詫びしながら、今後とも皆さんの意欲を下げない活動・連絡にして参りますので宜しくお願い致します。

私の後援会「臨時拡大役員会開催」のご案内

 拝啓
 初秋の候、猛暑の今夏も落ち着き、秋風が爽やかな今日この頃、皆さま方におかれましては、ますます御健勝のこととお慶び申し上げます。平素より村中議員への格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
 さて、参院選も終わって2ヶ月が経ち、民主党の新しい代表も決まり、新たに菅総理のもと、政権交代後の第2幕へと舵を切る段となりました。
 時は早いもので、村中議員も初当選以来1年半の月日が過ぎ去ろうとしています。おかげさまで、1年生議員ではありながら、持ち前の行動力と国会議員秘書経験を生かし、さまざまな状況に対して、果敢にその礎を築く一般質問、活動に奔走する日々を過ごさせていただいております。ただ、その実現のためには、後援会の皆様をはじめ、各方面・各地域の協力が必要となります。また、来春には統一地方選挙もあります。地域のことを考えると、県議不在の空白地区は許されませんし、党としても「何らかのアクションを起こさなければならないと考えている」と聞いております。
 そこで、さまざまな状況下に対応できる極め細かな活動基盤を作って、あらゆる市民ニーズに応えて行かなければならないと考えております。皆さま方におかれましては、何かとご多用な時季とは存じますが、下記日程で「村中隆之後援会(臨時拡大)役員会」を行います。ご理解の上、ご協力ご参集いただけますよう、伏してお願い申し上げます。
 敬具  村中隆之後援会長
 時  平成22年10月10日(日)14時~

Home > 後援会

メタ情報

ページトップへ